Logo_Life

これからの老後生活と今までの経験や思い出などを投稿していきます。

株式配当と優待 JT(日本たばこ産業)

 

f:id:logolife:20210304204325j:plain

JT 株主優待



本日、JTから郵送で今期の決算報告書と定時株主総会招集通知が届きました。

 

JTは、今まで増配を続けており、配当率では、トップクラスの銘柄で有名でした。しかし、今回の決算で一株当たり@154円だった配当金が@130円に減配し、JTの神話が崩れました。

 

この報道があってから、株価は急落!私も含み損を抱えてしまいました。

2年半前から買い始めたのですが、株価が下がったら配当金の高さに目が眩み、損切りも出来ず、ナンピン買いをして今に至っております。

 

< JT (2年前からのチャート)>

f:id:logolife:20210304204422p:plain

JT 2年前からのチャート 見事なまでの下降曲線

 

今日、届いた封書の同封物の中には、株主優待の案内があり、ご飯セットやカップ麺セットなどが持ち株数に応じて選べるようになっていました。これは毎回、ありがたいことです。

 

しかし、教訓として、配当金の多さに惑わされないことが重要だと。配当が異常に多いということは、利益の中から還元している訳で、それはしいては、会社の成長を損なうというリスクもあるということです。

 

同様に5年前から買っていた日産自動車株も同じで、配当が良かったので、ナンピン買いを続けて含み損を抱えました。半分損切りしましたが、これも配当金に目が眩んだ結果です。

 

JTは潰れることは無いと思うので、そのままキープし、株主優待を楽しみながら、塩漬け状態でほっておくつもりでいます。

 

愛機 iMac壊れました。続々編 Appleの神対応

f:id:logolife:20210304140024j:plain

帰ってきたiMac

iMacが壊れて、3月1日午後6時にヤマト急便が引き取りに来て、本日、3月4日午前9時にヤマト急便が修理完了のiMacを届けてくれました。


何と!中2日で修理完了です。

f:id:logolife:20210304140202j:plain

修理説明書

配送された本体の梱包は、デイスプレー部分には、発泡スチロール、アルミ部分はセルロイドのカバーで覆われ、輸送用の頑丈なトランクで配送されてきました。

 

修理内容は、2TBのハードデスク交換とFusion Driveの再構築です。

事前に連絡があった見積は、¥68,530と高額でしたが、最終的な請求書は、¥42,900でした。それでも高額ですが、このスピード対応と丁寧な輸送方法なら諦めもつきます。

 

f:id:logolife:20210304140354p:plain

修理代 請求書

集荷から作業、発送までの工程は、HPで確認出来、Appleサポートの窓口の対応も素晴らしいものでした。

 

ハードウエアを販売するだけでなく、関連するサービスのレベルも高い、Apple社の真髄を今回は再認識出来ました。

Apple社製品のサポートやアフターケアなど参考になれば幸いです。

 

インターネット回線契約 騒動 続編

f:id:logolife:20210303092638j:plain

昨年12月から、工事が出来ずに3度も延期になったインターネット回線工事でしたが、Nuro光をキャンセルし、ソフトバンク光に切り替えて、契約。

 

昨日、3月2日がソフトバンク光の回線工事日でしたが、結論から言うと、またしても工事が出来ないことになりました。

 

理由は、マンションの室内への引き込みが配線管がないため不可とのこと。前回もこの件で工事が出来なかったため、事前にマンション管理会社に、このことを伝えてあったのですが、全く対策しておらず工事延期となりました。

 

「インターネットは、今やガス・水道・電気と同様に生活には欠かせないインフラです。ケーブルの引き込みが出来ないマンションなど考えられない。」とマンション管理会社へ再度、クレームを出しました。

私が引っ越してくる前に部屋の改装工事があったようで、その際にケーブル引き込み用管を撤去してしまったようです。

 

結局、回線工事業者から提案のあった、「屋外のケーブル配線パネルからエアコンのダクトを経由してケーブルを引き込み工事」を管理会社からオーナーに許可を得ることになりました。

 

賃貸物件のインターネット回線工事は、このマンションに限らず色々な制約があるので、注意する必要がありそうです。

毎回、工事ごとに来る下請け業社が、異なるため、前回の問題をその度に説明しなければならないのも問題かと思います。

 

これで4度目の工事中止ですが、5度目の正直で回線が開通することを祈ります。

愛機 iMac壊れました。続編

昨日、投稿した「iMac壊れました。」の続編です。

 

昨日、夕方6時(Appleから指定された時刻)にヤマト急便がiMacを引き取りに来ました。

Appleサポートから事前に「梱包はせずに本体のみの引き取り」との連絡があったので、梱包なし?と不安に思っていましたが、ヤマト急便は、専用の搬送用トランクを持参して、来ました。

iMacは、特殊な形状をしているので、不安でしたが、クッション材もぴったりのサイズ、トランクへの収まりもぴったりと驚きの対応でした。

送り状も事前に用意されていて、集荷の控えをもらっただけで、ほんの3分くらいで全ての工程が完了。

修理代は高額になりそうですが、集荷・修理後の配達などを考えると、諦めがつきました。

 

Appleサポート側も修理には、慣れているとは言え、修理依頼から集荷までの対応は、流石!Apple!と感心させられました。

愛機 iMacが壊れました。

f:id:logolife:20210301074407j:plain

昨晩からiMacの作動が遅く、心配になり、再起動をかけたところ、画面が出なくなり、再度、強制的に電源を切って、電源ボタンを押したのですが、起動出来なくなりました。

 

早速、AppleHPからサポートに繋いだのですが、そこに記載されている色々な方法を使って復旧を図りましたが、結局、ダメ。

最後の手段で電話での問い合わせを行いました。

 

サポートダイアルから直ぐに着信があり、担当者と電話で復旧処理を教わり、試したのですが、起動音は何度かなるのですが、画面が表示されず状態。

30分ほどやりとりしましたが、結論は修理に出す。ということになりました。

 

Appleの対応は素晴らしく、サポートダイアルからの折り返し電話の対応・修理に出す際の搬送手段の手配など非常にスムーズで、やっぱり世界のApple社だけのことはあると再認識しました。

本体を搬送するための梱包材なども用意して引き取りに来てくれるそうです。

 

ただ、修理代は、見積もり段階ですが、¥68,530と高額です。

 

どこが悪いのか?不明の状態で本体も見ずに見積もりが出せると言うことは、ある程度、症状に応じた料金表が存在するのでは?と思います。

 

このiMacは、2019年1月に購入しました。スペックは、下記に記載します。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル

  • 7世代の4.2GHzクアッドコアIntel Core i7Turbo Boost使用時最大4.5GHz
  • 16GB 2,400MHz DDR4
  • 3TB Fusion Drive
  • Radeon Pro 5808GBビデオメモリ搭載)
  • Magic Mouse 2
  • Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS
  • 本日、3月1日の夕方に運送業者が引き取りにくる予定です。私にとっては、Apple製品の初めての修理だしですので、引き取り後どのくらい修理期間がかかるかは不明ですが、早く治ってもらうことを願います。皆さんもApple製品の故障などの際にご参考にされて下さい。

<注意喚起> Amazonを名乗った偽メール

f:id:logolife:20210228131356j:plain

本日、私のメールアドレスに下記のメールが届きました。今までも何度か、この手のメールは来ていましたが、メールを見ると明らかに成りすましと分かるメールでした。

しかし、今回は、見ただけでは、偽メールには、見えない出来栄えで、危うく引っかかるところでした。

 

メールアドレスを見ると「info@ybcp088.com」となっており、明らかにAmazonからのメールではない!。とわかりました。

 

知らずにログインするとIDとパスワードを盗まれる仕組みだと思います。

 

皆さんも、この手のメールには気をつけましょう。

 

————————————————以下、偽メール-----------------

58eaa42f0d684c6fd57042f50316a0fd.png

 

Аmazon お客様  

平素は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。

 

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

 

64064d63e96278181c50578ddbc34f46.png

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合

お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

 

お知らせ:

  • パスワードは誰にも教えないでください。
  • 個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
  • オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

Аmazon

 

==========================================================

 

海外旅行 ラオス ビエンチャン編

f:id:logolife:20210227121801j:plain

2016年の年末に、ある団体の年次大会がビエンチャンで開催され、それに参加するため、2泊3日でビエンチャンに行った際の写真や街の様子を投稿します。

f:id:logolife:20210227121841j:plain

ビエンチャン 国際空港



年も押し迫った時期だったため、バンコクのドンムアン空港からビエンチャンの国際空港までの便は、ほぼ満席状態でした。


ビエンチャン国際空港に到着後は、タクシーで宿泊先・大会会場の「ドンチャンパレスホテル」に向かいました。
このホテルは、ビエンチャンでは、最大級のホテルで、ASEANの首脳会議もここで開催されたホテルです。

f:id:logolife:20210227122026j:plain

「ドンチャンパレスホテル」


メコン川沿いの絶好のロケーションで、ホテルのスタッフも非常にフレンドリーで気持ちのいい3日間を過ごせました。

f:id:logolife:20210227122045j:plain

「ドンチャンパレスホテル」

大会・会合が終了し、残った時間を市内散策に当てました。
全体的な印象は時間がゆったり流れているのんびりした雰囲気です。


まずは、ビエンチャンで一番の観光スポット「パトゥーサイ」へ徒歩で向かいました。
ここは、ラオスが以前、フランス統治だったこともあり、パリの凱旋門を模して建てられた門です。

f:id:logolife:20210227122124j:plain

ラオスの凱旋門「「パトゥーサイ」」

f:id:logolife:20210227122248j:plain

ラオスの凱旋門「「パトゥーサイ」」と世界平和の鐘


丁度、夕方だったため、交通量も多く、街の活気ある街の様子も感じ取れました。

f:id:logolife:20210227122340j:plain

その後、夕食は、ビエンチャンのメインストリートにある、「ナンプー広場」のレストランでラオス風洋食を注文し、食べました。結構いける味付けです。

f:id:logolife:20210227122546j:plain

「ナンプー広場」

f:id:logolife:20210227122629j:plain

f:id:logolife:20210227122649j:plain

翌日は、市内観光メインです。
お寺や昨晩行ったメインストレート散歩、ビエンチャン唯一のショッピングセンターを見て廻りました。

f:id:logolife:20210227124242j:plain

f:id:logolife:20210227124632j:plain

f:id:logolife:20210227124311j:plain

ビエンチャンのメインストリート

f:id:logolife:20210227124402j:plain

メインストリートのある「True Cafe」(タイ資本)


行く先々、中国の支援を受けた建築物が多いことを改めて認識しました。このショッピングセンター「Vientiane Center Lao」に入っているのは、中国銀行でした。近隣には、中国資本で大きな商業施設が建築中でした。

f:id:logolife:20210227122724j:plain

ショッピングセンター「Vientiane Center Lao」

f:id:logolife:20210227122809j:plain

ショッピングセンター「Vientiane Center Lao」

 

f:id:logolife:20210227122835j:plain

ショッピングセンター「Vientiane Center Lao」内のカフェ(パンとコーヒーで約390円)


ビエンチャン最後の夜は、メコン川沿いのナイトマーケットに足を運びました。ここは、ホテルからも近く、多くの人が夕涼みに出ており、活気ある場所です。

f:id:logolife:20210227123247j:plain

メコン川沿いの「ビエンチャン ナイトマーケット」

f:id:logolife:20210227123352j:plain

メコン川沿いの「ビエンチャン ナイトマーケット」(ズボンが約260円)

f:id:logolife:20210227123506j:plain

メコン川沿いの「ビエンチャン ナイトマーケット」

f:id:logolife:20210227123533j:plain

メコン川沿いの「ビエンチャン ナイトマーケット」


ビエンチャン王国最後の王様「King Anouvong 」の像の前も多くの参拝者がいました。

f:id:logolife:20210227123748j:plain

ビエンチャン王国最後の王様「King Anouvong 」の像

メコン川に夕陽が沈む時間帯が感動的でした。

f:id:logolife:20210227123808j:plain

メコン川に沈む夕陽 

f:id:logolife:20210227123855j:plain

f:id:logolife:20210227123926j:plain

メコン川に沈む夕陽

f:id:logolife:20210227124041j:plain

メコン川沿いのエアロビクス


2泊3日のビエンチャンでしたが、非常に濃縮された時間を過ごせました。また、機会があれば、行ってみたい都市です。

f:id:logolife:20210227124725j:plain

ドンチャンパレスホテルから見たビエンチャン市内

ビエンチャンの様子は、下記のTV番組でも紹介されます。時間があれば見て下さい。

 

<世界ふれあい街歩き> 
NHKBSプレミアム 3月2日(火)  午前8時〜9時 放映

 

 

京都散策 四条河原町

f:id:logolife:20210224170133j:plain

京都観光の一番ベタなスポット四条河原町を散策してきたので紹介します。

京都に引っ越してきて2ヶ月が経過しました。引越しの後片付けなどで気分的に落ち着かず、京都駅までは行きましたが、繁華街の河原町までは行っていませんでした。

 

やっと気分的にも落ち着いたので先日、河原町まで足を伸ばしました。

 

あまり時間がなかったので、錦市場通りと四条通り・河原町通りあたりを散策しました。

f:id:logolife:20210224170206j:plain

錦市場

コロナの影響と平日ということもあり、人通りも少なく「錦市場」や「寺町通り」あたりもゆったりと見て回れました。

 

本来なら外国からの旅行者で溢れかえる「錦市場」ですが、どの店も魅力的な商品を並べてありますが、お客様の入りは今一の状態でした。

f:id:logolife:20210224170253j:plain

錦天満宮

 

そこからしばらく歩いて河原町を北上したところに「イタリア レストラン「イル・キャンテイ」」と言うイタリヤ料理店があります。この店は、私が以前、住んでいた神奈川県の小田原にもあり、よく利用させてもらいました。

f:id:logolife:20210224170557j:plain

イタリア レストラン「イル・キャンテイ」

f:id:logolife:20210224170616j:plain

イタリア レストラン「イル・キャンテイ」店内



ここの名物は、「真夜中のスパゲッテイー」と「カリブサラダ」です。

「真夜中のスパゲッテイー」は、トマトソースとニンニクで味付けされたスープスパゲッテイーで、非常に特徴的な味で私としては、スープスパゲッテイーで一番好きなメニューです。

「カリブサラダ」は、シーフード素材中心のサラダで、特徴はドレッシングです。これはお勧めで、店内でも販売されています。

f:id:logolife:20210224170701j:plain

名物「真夜中のスパゲッテイー」

f:id:logolife:20210224170738j:plain

「カリブサラダ」ドレッシング



ここで昼食をとって、京都駅まで地下鉄で向かい、帰宅のとにつきました。

 

f:id:logolife:20210224170826j:plain

京都駅

 

久々の京都の繁華街散策でしたが、のんびりできた1日でした。

 

WealthNavi 1年間運用成績 100万投資して結果は?

WealthNaviは、TVでも宣伝していますが、投資が自動化されたシステムで、海外の投信を自動で買ってくれる仕組みです。

 

途中、リバランスなども自動で実施してくれて一番効率の良いポートフリオを構築してくれます。

 

私は、昨年2020年1月初旬に100万円を投資しました。

 

昨年の2月後半からの世界的な株価大暴落も経て、約1年1ヶ月経過した昨日、全てを現金化しました。

 

1年間運用成績 100万投資して結果は?

 

結果、100万の投資で、55,004円の利益が出ました。年率で5.5%の成績です。

 

2020年3月後半から、日本株も含めて世界の株価が持ち直してきて、2月の暴落分を埋めてくれたとは言え、手間なし(手動での売買なし)で、この利率は、上出来だったと思います。

 

株の売買で年率5%の利益を出すのは大変ですから。

 

本来ですと長期に保有して資産を増やすのがWealthNavi投資の目的でしたが、この1年で大体の仕組みが理解できました。

 

口座はそのまま残しているので、また、株価が落ちてきた段階で再投資したいと考えています。

昨年2020年2月25日にNYダウが1000ドル以上暴落した際のWealthNaviポートフリオを記載します。

 

f:id:logolife:20210223110709j:plain

昨年2月25日にNYダウが1000ドル以上暴落した際のWealthNaviポートフリオ

 

 

アマチュア無線(HAM) 海外交信

f:id:logolife:20210220141617j:plain

無線局 アンテナ

アマチュア無線を始めて、思い出に残る海外との交信を記載したいと思います。

 

前にも述べましたが、アメリカのアマチュア無線協会が発行するDXCCと言う世界的にも有名なアワードがあります。
その取得を目標として交信を続けているうちにいくつかの交信パターンを発見しました。

 

それは、時間・季節・使用周波数帯に寄ってある程度、特定のエリアとの交信が可能になる点です。勿論、常にと言うことでなく、条件が揃えばの話ですが。

 

その中でも下記の5局は、交信が非常に多くできた例です。

YB1JYL < INDONESIA >
VK4QH  <AUSTRALIA >
VR2XMT <HONG KONG >
K9W   <WAKE ISLAND >
E21EIC  <THAILAND>

特にHONG KONGのVR2XMT局は通算20回以上、21Mhz帯で交信しました。相手局も交信できるたびに、相性の良さに驚いていたくらいです。


オーストラリアVK4QH局・インドネシアYB1JYL局の場合も同様です。

 

K9W局(WAKE ISLAND)は、無線家のボランテイアがこの島に上陸して一定期間限定で電波を世界中に発信するサービスを行なった際に短時間で色んな周波数帯で同一局と交信が出来ました。2013年11月2日から数日間です。

WAKE ISLANDは場所柄、滅多にアマチュア無線で電波を発信する場所では無いので、世界中のHAMから注目されたサービスです。
因みに「WAKE ISLAND」とは、北太平洋の小島で第二次世界大戦時は日本軍が占領し、「大鳥島」とも呼ばれていました。今は、アメリカ合衆国の統治になっています。

f:id:logolife:20210220141716j:plain

WAKE ISLAND K9W局 QSLカード(交信証)

この他にも、局は違えど、相性の良いエリアが世界に点在しています。
・ブラジル・チリなど距離を考えると難しそうな南米の局とは意外と簡単に交信が出来ました。
近場では、グアム・サイパン・マレーシア・中国・ロシア。一般的には、HAM人口が多いい国は、比較的楽に交信出来ます。

 

電波の行き先は、全ては不確実性の世界ですが、それがアマチュア無線の面白いところです。
短波帯では、距離や出力などは関係なく、電離層や気象・太陽黒点などのコンデイションとタイミングが重要だと痛感しました。

 

長く神奈川県で運用していましたが、現在は、2度の引っ越しに伴い、アンテナや設備なども撤去しましたが、車ではV/UHF帯を楽しんでいます。19歳から始めたアマチュア無線ですが、一生ものの趣味になりました。

 

私がDXCCアワード(101局)に申請した世界各国のHAMを一覧表にしましたので、アップロードします。

f:id:logolife:20210220142013p:plain

DXCC申請 

f:id:logolife:20210220142047p:plain

DXCC申請