Logo_Life

これからの老後生活と今までの経験や思い出などを投稿していきます。

Appleコンピュータとの出会い

私とコンピュータとの出会いは、1980年位にNECから販売されたパーソナルコンピュータの走り「PC-8001」(定価¥168,000)を購入し、ベイシック言語などを打ち込んで楽しんでいたので、コンピュータに対する知識はある程度、持っていました。シャープ製の「X6800』や「X-1」なども購入しました。特に「X6800』は、今のMacOSに近く、画面上でファイルやデータのやり取りが視覚的に出来る画期的なコンピュータでした。

f:id:logolife:20210128115950j:plain

シャープ X68000

f:id:logolife:20210128120024j:plain

シャープ X-1


 

その後、1995年今から26年前に会社でDTP導入に伴い、Appleコンピュータ購入支援が発令され、個人購入に対して無金利で購入を手助けする制度が出来ました。

当時、Appleコンピュータは、「LC-630」(30万円前後と記憶しています)と言う機種が売り出され、このコンピュータを購入したのをきっかけに、Appleコンピュータとの付き合いが始まりました。

 

f:id:logolife:20210128120055j:plain

Apple LC-630

 

その後もパフォーマーやパワーマックなどを購入し、当時としては、最新機種を個人で使っていました。

 

現在は、iMacとMacBookAirを使っています。iPhone・iPad・Apple watch・iPodsも愛用しています。

 

今日、発表になったApple社の2020年10-12月期の業績は、過去最高の売り上げとのこと。その中でもiPhoneは売り上げに主流です。

 

Appleコンピュータも1997年ごろは、経営危機が噂され、マイクロソフトとの提携など暗黒の時期でした。しかし、iPodやスケルトンのiMacを発表したあたりから業績がアップし、新しい携帯電話のコンセプトを持ったiPhoneの発表・販売で現在の業績があると思います。

 

本来なら、このビジネスモデルは、日本企業のSONYあたりが構築出来たように思います。